ごく普通の日本人が出逢った外資系企業の世界 2.0

日用品・化粧品・IT業界における外資系企業での経験を通して学んだことをまとめたサイトです。某電子書籍サイトで「2011年秋のビジネス書厳選5冊」に選ばれた拙著「世界基準のビジネススキル - ごく普通の日本人が出逢った外資系企業の世界」はamazonのkindleunlimitedにて無料で読んで頂くことができます。

AI進化の先にある差別化スキル

先日マイクロソフトSkype翻訳に日本語が追加されました。AIによる翻訳機能は今後も加速度的に進化していくので、近い将来、英語を習得する必要性は低下し、むしろAIが理解しやすい日本語を話すスキルの習得が求められるかもしれません。

人生に必要な算数・数学の計算は、人間がするより機械に任せたほうが速くて正確です。知識はgoogle先生に聞けば大抵のことは事足りますし、その信頼性とカバレッジが進化するとともに、その依存度も高まっていくでしょう。

さらにAIがAI自身を自己進化させるようになると、未来を描く役割までAIによって担われるようになる。そんな世の中で生きていく私たちや私たちの子供・孫の世界では、何がビジネス上の差別化スキルになっていくのか・・・。

なんてことを漠然と心に留めながら、自分自身のキャリアづくりや子供の教育をやってきたつもりなのですが、どうやら状況はそんなものよりもずっと先に行ってしまっているようです・・・。

脳をデジタル化して他人にコピペできるようになれば、全員が10数年かけて学校教育等を受ける必要がない!? AI自身が富を生み出すので基本的に働く必要はない!? 残る人間のユニークな特異性は好奇心だけ??(・・・これって、今の画一的学校教育ではむしろ退化している??)

世の中の仕組みが変化していくスピードも加速度的に早くなっているので、AIの最前線のその先で何が起きているのか、常に意識を置いておかないと、振り落とされそうです・・・。

 

[参考図書]

   

[参考YouTube(AIに関しては28:45くらいから)]


~激論!AI時代の幸せな生き方とは?!~ 出:田原総一朗 堀江貴文 ほか

 

--> いいね! --- 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動